トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

建設業界からの脱出 #5 「国民体育大会(続編)」

前回の国民体育大会(以下、国体と表記)の続編を書きたいと思います。

なお、国体は独立・起業した私にとっては希望の一端を叶えてくれた場でもあったので「建設業界から脱出」シリーズの5回目として紹介させていただきます。

”道産材の賞状”発行に悩む大会関係者から白羽の矢が立ち、ハドソンを筆頭に道内IT企業有志による「はまなす国体賞状印刷プロジェクトチーム」が結成されました。

史上初、国体において「IT活用による賞状印刷」が実現する事となりました。しかもこれは無償のボランティア活動です。

いわゆるIT企業の地域貢献です。

今までの問題がこれで一気に解決かと思いきや、最後に重大な問題が立ちはだかりました。

続きを読む "建設業界からの脱出 #5 「国民体育大会(続編)」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

国民体育大会

本日から第62回国民体育大会「秋田わかすぎ国体」本大会が開催されます。


国民体育大会と言いながらも、関係者以外の方にとっては縁遠い存在かもしれません。
でも皆さんの中には国体の選手として参加された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実は私も18年前参加しました。

といっても選手としてではありません。大会関係者といった方が良いかもしれません。

18年前の1989年、ちょうど元号が平成に変わった年、第44回国民体育大会「はまなす国体」が北海道で行われました。


私が独立起業した4年目のことです。


実はこの国体、開始直前になりある問題が急浮上してきました。そしてその問題点解決にあたり、現在も我が社が引き続き関与しているあるシステムが役に立ちました。

続きを読む "国民体育大会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

建設業界からの脱出 #4

HDD不調のため、新しいHDDに再インストール中の筆者です。


デスクトップPCアプリインストール中の傍ら、ノートPCでブログを書いております。
(アプリインストール中はただ待っているだけなので・・・・・)


さて、今回「建設業界からの脱出」の4回目を書かせていただきます。



最近私の周辺で転職独立して起業したいという思いの方が増えているようです。

独立、起業と言えば聞こえは良いですが、現実には大いなる試練と壁が待ち受けています。

22年前独立起業した者として、その試練や葛藤について書きたいと思います。



躊躇されているあなたのお気持ちの参考になれば幸いです。

続きを読む "建設業界からの脱出 #4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

HDDが不調!

仕事のメインで使用しているパソコンのHDDが一昨日からどうも不調です。


ブログノートパソコンを使用しているのですが、電子納品・CADデスクトップパソコンを使用しているのです。


昨日の朝、起動時に何か異常音がしました。

MasterHDDが不調なのです。

かろうじてWindowsは立ち上がるのですが、重傷になる前に手当をする事にしました。

取りあえずHDDのバックアップ作業を昨日から行っているところです。


かなり不要なソフトも入っていたし、これから本番を迎える電子納品支援に備え、初期化し再インストールする事にしました。

案外このような機会でもないと、実際HDD内にどのようなデータ保存していたかを確認する事もありません。
まぁ、いいタイミングだったのかもしれません。


ちょうど使っていないHDDの予備があったので、OSのインストールから始めます。


私のPCには自分でもびっくりするくらいのソフトが入ってるので、OSインストール後のアプリインストールにもかなりの時間がかかりそうです。


従って、ブログ記事投稿はちょっとお休みになるかもしれません。



皆さんのパソコンは快調ですか?



それでは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

建設業界からの脱出 #3

建設業界からコンピュータソフト業界へ転身した筆者の体験談の3回目です。


前回ご紹介の通り、独立後しばらくはコンピュータゲーム会社専務の協力により「ユーザー登録カード」データ入力の仕事をさせていただきました。

立ち上げたばかりの会社で、固定的な収入が全くない中でいただいた仕事は、本当に感謝の気持ちで一杯でした。


しかし、このデータ入力には期日があったため、アルバイトを数名雇い処理をしました。

従って、収入の大半はアルバイトの人件費で消えていきました。


自分の給与分は別な形で稼ごうと、私は日々営業活動に回っていたのです。

しかし、技術屋であった私が何の営業ノウハウも持たず企業訪問したところで、すぐに仕事に結び付く訳ではありませんでした。



前回の記事でもお話ししましたが

仕事獲得には「人間の信頼関係」が一番大切です。


つまり信頼できる方に自分を相手先に紹介いただければ営業もスムーズです。


そう思った私はサラリーマン時代の取引先、高校・大学時代の先輩・後輩・同級生、その他友人・知人等、自分を知っている全ての方を対象に挨拶回りさせていただきました。

その結果、多くの企業担当者とお話しさせていただく事ができました。
参加できる会合には積極的に参加しました。

古い名刺はかなり廃棄してしまいましたが、当時1ヶ月に数百名の人とお会いさせていただいたと思います。

続きを読む "建設業界からの脱出 #3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

建設業界からの脱出 #2

脱サラした筆者の経験談を前回に続きお伝えします。


私は建設業界を去り、コンピュータソフトウェア業界に転身しました。

なぜ、コンピュータソフトウェア業界だったかというと、自分自身の努力で自己スキルを無限に向上させる事ができると感じたからです。

建設業ではその夢が叶わないと考えていましたし、一種独特の業界風習に馴染めなかった事もあります。でもこれは若さ故の甘さだったかもしれませんが。

でも今考えると一番欲しかったものは自分で自由に使える時間だったと振返ります。
(会社を辞めた理由の一つに、一家の長男であるという家庭環境問題もあったので・・・)


私が独立時に目の当たりにした大切な事とは

 『人間の信頼関係』です。

それは心の底から私自身を信頼しお付き合いを継続いただける人が存在した事なのです。



私はそれまで多くの独立した人を見聞きしてきました。

しかしその中で、退職後過去にお付き合いされていた方々が潮が引くように去っていった姿を多く見ています。

お付き合いされていた相手が個人に対してではなく、背後に輝いていた会社看板であった場合がとても多かったのです。

寂しい話しですがそれが現実だと思います。


幸か不幸か私は勤続年数も短く、頼りにされる会社看板もなかった事がかえって良かったのかもしれません。


独立しすぐに収入が見込める事は大変幸せな事です。

しかしそうならないのが世の常です。

続きを読む "建設業界からの脱出 #2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

人生の哲学 #9 『誠意が基本』

人生の哲学、9回目をお伝えします。

当ブログをお読みの方で、いつ8回分を書いたのかと疑問をお持ちの方も多いかと思います。

実は、とあるSNSサイトで8回分を書いていましたが、今回からは当ブログ上で時々投稿していきたい思います。

初めてこの人生の哲学をお読みいただく方のために、このテーマを書く事になった契機をお話しします。

このテーマは、経営の神様といわれた松下電器グループの創業者松下幸之助氏が残された一冊の本がベースになっています。

その本とは、松下幸之助「一日一話」(PHP文庫)です。

この本は、松下幸之助氏が折々に著したり話したりした人生や仕事、経営や国家・社会に関することばの中から、366を選び、昭和56年に一日一話の形に編集したものです。(「一日一話」まえがきより)

私は起業前にも読んでいましたが、起業後の今日改めて読ませていただくと、その一話一話がずしりとのし掛かってくるほど重い一言に聞こえてきます。



松下幸之助氏の話しの中で私が大好きな会話があります。

「松下はどのような会社ですか?」という問に対し

「松下電器は人を作る会社です。あわせて家電を作っています」と答えた。


もし、私が建設業に従事している時に同じ問いかけを受けたら、

「我社はいま道路を造っていますが、あわせて人も育てています」と答えてみたかったです。



この「人生の哲学」は、私自身が会社運営にあたり、率直に感じたことを、経営の神様がおっしゃられた一話に繋げ書き綴ったものです。

経営の神様とは比べものにならないちっぽけな私の人生ですが、この考えに共感いただき、これからの人生に対するヒントにしてただければ幸いです。

さて、本日のテーマは「誠意が基本」です。

続きを読む "人生の哲学 #9 『誠意が基本』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

すき家の牛丼まつり2007

最近テレビで「すき家の牛丼まつり」のコマーシャルが流れています。

あのガレッジセールが出ているCMです。


牛丼が一杯税込み299円とのこと。

牛丼はいつも車で5分の吉野屋で食べていた。(持ち帰りも)


すき家は北海道では馴染みが薄いのです。

というか、私はこのCMを見るまですき家の店舗が我が家の近くにあるのかどうかなんて気にもしていませんでした。


HPを見てみると北海道に8店舗、うち札幌市内に2店舗あるようです。

ちなみに吉野屋は北海道内に19店舗、うち札幌市内は12店舗です。

札幌市内にあるすき家のうち1店舗は我が家から車で10分少々の距離の大型ショッピングセンター内にありました。

あの画伯のお宅からはもっと近い距離です。


※写真は携帯電話付属カメラによる撮影です。

03_070921_jusco

すき家はこの大型ショッピングセンター3Fにあります。

ここには多くの飲食店が入っています。




01_070921_299

牛丼まつりのポスターです。




02_070921_ 思ったほど混雑していませんでした。




04_070921_

食べる前に撮影を忘れました。


ごちそうさまでした。



でも「すき家」って全国的にはかなり著名なお店ですよね。

HPで見たら、広島県にはたくさんありましたので・・・・



それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

建設業界からの脱出 #1

ちょっと仰々しいタイトルを付けてしまいました。


建設不況が叫ばれる中、昨今巷では業界からの脱出に関する話題が多いように思えます。


私も22年前、そんな業界から抜け出し起業した者の一人です。

経済環境は私が起業した時代に比べれば現在の方がはるかに厳しいかと思います。


そんな私が起業時そしてその後の会社経営に関して体験したお話しを書いてみたいと思います。

もし、これから起業をお考えの方の参考になれば幸いです。


また、ここでは起業と書きましたが、そのエネルギーやモチベーションは転職や企業内における自己研鑽にも共通部分が多いかと思います。


あくまでも私の経験談であり、私はその筋の専門家やコンサルタントではありませんのであらかじめその辺をお含みいただきお読み願います。

続きを読む "建設業界からの脱出 #1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

雇用管理改善VEセミナー

私がCALS/EC講座で大変お世話になっている社団法人中空知地域職業訓練センター協会事業課、栃原課長様より雇用管理改善VEセミナーのご案内をいただきました。


栃原課長様はVEスペシャリストで、過去多くのVEセミナー講師として実績を有しておられます。

本講座ではVEの概要を説明後、身近な雇用管理の問題点をVEの手法を活用して解決する手順を体験していただき、設計VEを導入して6件の公共事業で131億円の予算のうち約60%のコストダウンを実現しそうな大分県のVE活用事例などをも紹介、短時間ながら新たな観点で新製品や新システムをつくる方法を理解していただくセミナーです。

『雇用管理改善VEセミナー』開催のご案内
 日時:平成19年10月11日(木) 15:00~16:30
 場所:雇用・能力開発機構 北海道センター会議室
     札幌市西区二十四軒4条1丁目4番1号
     JR琴似駅徒歩5分、地下鉄東西線琴似駅徒歩8分
     ※無料駐車場完備
 講 師:栃原英人氏 (VEスペシャリスト)
      (社)中空知地域職業訓練センター協会事業課長
      北海道センターVE研究会リーダー 
 定 員:20名
 受講料:無料

講座概要については下記資料をご参照下さい。

VEセミナー案内パンフ(PDF)

講座PPT概要(Excel)



また、講座の問い合わせ、申込みは下記宛にお願いします。

※セミナー内容、お申込に関する問い合わせは、下記宛にお願いします。
  ・独立行政法人 雇用・能力開発機構 北海道センター
   TEL 011-640-8850
   http://www.ehdo.go.jp/hokkaido/


多くの皆様のご参加をお待ちしております。




それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

情報共有システム(民間ASP)

工事請負者の方はもちろんですが、電子納品支援を担当させていただく者としても特記仕様書はきちんと読みたいものです。


前回、道路工事完成図(北海道開発局では出来形完成(しゅん工)平面図の場合あり)作成に関する指示等が明記されている事をお伝えしました。

今回は、同じ特記仕様書に今年度発注工事から明記されるようになった情報共有システム(民間ASP)の利用規程です。


従前は発注者サーバー方式で、発注者側に用意されていたサーバーを利用し情報共有が行われていました。

しかし、今年度(他部門では過年度)より民間が用意したASPを利用し情報共有する事が義務づけられました。

但し、監督員との協議により民間ASPに代わり発注者サーバー利用も可能と書かれている場合がありますが、ほとんどは民間ASPを利用しているようです。


本日、函館にいる仕事仲間から電話をもらい、民間ASPの中でどこが良いかという相談をいただきました。



続きを読む "情報共有システム(民間ASP)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

北海道温泉MAP

考えてみたら今日は祝日、休みの方も多いかと思います。


年のせいか、曜日や祝日の感覚が薄くなってきました。

そんな訳で休日ネタをひとつ。



私のよく知る人?が大の温泉ファンで、北海道にあるほとんどの温泉を巡った人がいます。

その人は「温泉マン」と言い、ブログ「北海道人の独り言」を書いています。


この度、過去に訪ねた北海道内の温泉を地図上に纏めた北海道温泉MAPを完成させた模様です。

そのことが本日付けの記事に書かれています。

北海道の温泉訪問の際、参考になる事と思います。



これから秋本番。

紅葉を眺めながらの露天風呂・・・・・

最高です



それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月16日 (日)

きらら街道

皆さん「きらら街道」って知っていますか。


とても綺麗な名称ですね。


道央圏にお住いの方であればご存じの方も多いかもしれません。

「きらら街道」は正式名称を空知南部広域農道」といいます。


きらら街道は旧、栗沢町(現、岩見沢市)から長沼町南幌町を経由し江別市に至る道路で、農業振興のため北海道が整備しその後各市町村に移管された道路の事です。

このきらら街道周辺は米作も盛んで、お米の品種「きらら397」の産地であることから名付けられたものです。

農道であるところから北海道らしい風景を眺めながら走行できる街道でもあります。


●農村ドライブマップ(きらら街道) ※北海道のホームページより

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ns/nss/kirara-road.htm




地図上では市町村道としての扱いのため、具体的な路線名が明記されていない場合も多くわかりにくいかもしれません。

そして幹線道路の抜け道として利用される場合も多くなっています。



先日、所用で行った栗山町からの帰り道、自宅のある石狩市まで秋晴れの天気の下、のんびりときらら街道を通り帰ってきました。

続きを読む "きらら街道"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

バナナアイス

休日は仕事ネタを書かないのが建ブロの方々のお決まりのようですので、私もそれにならいグルメ?の話題を書かせていただきます。

「グルメ?」と書きましたがそんな仰々しいものではありません。

私の大好物である「バナナアイス」のお話しです。

田舎育ちの私は、小さい頃食べたあのバナナの形をしたアイスがいつも頭の中に残っていました。

近所のスーパーやコンビニで、バナナに関したアイスを見つけてもその多くはチョコバナナが多く、私が思い描くバナナの形とは似ても似つかぬ物でした。

それが先日偶然発見したのです。

発見の瞬間「やった~っ!!」と思わず心の中で叫んだ私でした。

続きを読む "バナナアイス"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

知識より実務

前回、「どのような資格を持っているか」ではなく「具体的に何ができるか」でという点について書かせていただきました。



私は5年ほど前から公的職業訓練機関において、電子納品に関する講座講師を担当させていただいています。


5年前と言えば、国の発注機関における電子納品が本格化し始めた頃になります。

受注者の皆さんにとっては、新しく導入される電子納品業務に、不安をいだく方も多かったため、最初の頃は「電子納品とは何か」と、非常にアバウトなテーマでお話しさせていただきました。

まずは電子納品業務の概要を知り、受注者として最低限の知識を身につけようとの考えが主でした。


ちょうどその頃、国は建設CALS/ECの普及を図る事を目的としCALS/EC資格制度を発足させました。

それに伴い2001年からCALS/ECエキスパート(RCE)試験が、翌年からCALS/ECインストラクタ(RCI)試験が実施され現在に至っています。

その窓口は財団法人日本建設情報総合センター(通称JACIC)です。

平成19年8月1日現在、資格登録者数はRCEが350名、RCIが2578名、合計2928名と、多くの建設CALS/EC専門家が全国に存在している事になります。

今月28日には今年度試験の合格者が発表され、その後登録者数は増加する事になります。

私も2004年にRCE資格を取得しました。

一応、電子納品の知識をある程度有している者と位置づけされています。


私が担当してきた講座も当初は電子納品に関する知識からスタートしているのです。

しかしその講座も2005年度実施分から内容に大きな変化が見られてきました。

それはある程度電子納品に関する知識を有してきたため、次は実務を主とした講座を求める声が大きくなってきたのです。

その一例が「知識より実務」という点で昨年度実施された「建設イラスト講座」です。

続きを読む "知識より実務"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

資格というものは・・・

私は電子納品に関連した講座の講師を担当させていただいています。


一応、RCE、SXF技術者の資格を有しています。

が・・・・この資格が大いに役立っているかと言えば、決してそうではありません。

今日は少しこの辺りの事について書いてみます。



私も以前は土木技術者で、道路工事の現場を担当していました。

土木技術者時代に一級土木施工管理技士という資格を取得しました。

しかし、それを活かす前に転職してしまいました。


その後、IT業界...というと聞こえはいいですが、コンピュータソフト業界に転身しました。

このソフト業界は基本的に資格がある意味不要な世界なのです。

続きを読む "資格というものは・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

ソフトの管理

電子納品に関する業務に携っていると、基準・要領(案)運用ガイドライン(案)そして作成支援ソフトチェックシステム等々、大変多くの電子ファイル無償・有償ソフトに関わらなくてはなりません。


私も仕事柄、当然それらが更新された場合は最新版をダウンロードし保存します。

しかし、すぐその場で内容を確認しない場合も多々あります。

これは忙しさ(本当はそんなに忙しくない・・・)に紛れた私の怠慢の何物でもありません。


そんな時は、私の周りにいる勤勉な建ブロの方々のブログをぐる~っと一回りします。

重要変更がある際は丁寧な解説付で掲載いただいている場合があります。

本当に感謝、感謝なのです。



さて、本日この方の記事を読ませていただき、私も先日同様な思いをしましたので記事にしたいと思います。


今回はソフトの更新を含めたソフトの管理について書きたいと思います。

続きを読む "ソフトの管理"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

建ブロの日【記事作成・写真投稿について】

今日は建ブロの日という事で、お題は「記事作成・写真投稿について」です。

ブログを書くにあたり、文字だけの表現の場合はサーバー処理が軽いためある意味短時間で記事が書き上がります。(ネタがあればの話ですが・・・・)

大昔BBS時代を経験している私としては、画像が簡単に扱える時代を大変嬉しく思っています。

それは 「百聞一見に如かず」 、まさにこの一言に尽きます。

基本的に私のブログでは写真を多く使いたいと考えています。

しかし 、建設CALS/ECの記事ではそれほど多く写真を多様せずとも説明がつく場合が多いのです。

でも、私にはタイミング良く写真投稿できるネタがありました。




昨日の日曜日、札幌市内で2007北海道マラソンが行われました。


台風も去り好天に恵まれ、初秋の札幌にしては少し暑いくらいの気温でした。

今大会の参加者は5000人を超えたと聞きました。

まさに国内屈指のマラソン大会です。


この大会に東京から知人が参加されています。 知人には何もご連絡をしていないため、静かに私の観戦ポイントでの通過を待つ事にしました。

わかっているのはゼッケン番号12??番です。 小さいですが応援カードも用意し、いざ現地へ。

ちなみにこの人も応援に行っていました。


■「北海太郎の観戦ポイント」はこちらです。

北海道マラソン観戦ポイント



続きを読む "建ブロの日【記事作成・写真投稿について】"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月 7日 (金)

道路工事完成図の登録

先程、北海道開発局○○道路事務所の方から電話をいただきました。


私が、今年の3月に支援させていただいた工事の「道路工事完成図」の件です。

道路事務所担当者の方が

「もらったCD内にCSVファイルがないのですが・・・・」との事。


それを聞いていろいろと言いたい事はありますが、ここは冷静な北海太郎としては、RCEの立場で懇切丁寧にご教授させていただきました。



続きを読む "道路工事完成図の登録"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

特記仕様書

工事を受注した際、現場代理人の方は特記仕様書を熟読される事と思います。

これは至極当然の事です。


2004年度から電子納品が本格化し、特記仕様書内にそれに関した項目が明記されるようになりました。

そして近年道路関連工事において「道路工事完成図等の作成」についても記載されてきました。


従前の写真や書類関連が主体であった時代から、図面に纏わる電子納品が深く関わるようになり現場をはじめ、支援をされるコンサルや資格者の方も悪戦苦闘されている事とお察し申上げます。


国土交通省北海道開発局ではさらに事を悩ませているのが「出来形完成(しゅん工)平面図」の作成が特記仕様書に明記されている場合が多い点です。

従って今まで以上に支援者も特記仕様書を熟読しなければ適切なアドバイスができなくなりました。


過去の慣習とは言え、建設CALS/ECの基本理念である情報の共有、標準化という点から少しかけ離れた感が否めません。

私の周りの建設ブロガーの多くの方が同様にこの点を指摘されています。



資格者が本当の意味で活躍するのはもう少しあとになってからなのかもしれません。

私は最近そう自分自身に言い聞かせているのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

年度末のMICHIシステム

平成18年度末に完了した工事のMICHIシステム審査が今になってようやく完了しているようです。


春先にお手伝いした会社の現場担当者の方から電話をいただき、電子納品CDの合体提出方法を聞かれました。

従来の電子納品成果品CD(写真・書類、図面)とこの審査を通過したMICHIデータとを合体するわけです。

これは、道路工事完成図等支援サイトにいくと必要なソフトが無償でダウンロードできるので特に問題はないかと思います。


ただ一つ問題があったのが、春先の段階ですでに出来上がっていたMICHIデータ以外の電子納品成果物CDは、当時の最新チェックシステムでチェックし問題ない事を確認してあったのですがその成果品CDを、現在の最新チェックシステムにかけるとエラーが発生する場合があります。

検査を実施する発注者側も、施工年度を確認いただき、それに見合ったチェックシステムを利用いただきたいと考えます。

当然、その当時の特記仕様書に明記されている基準・要領(案)に準じ作成していますので、当然それ以降の変更に対応していないのは当たり前なのです。

しかし当分はこのようは問題がついてまわるのでしょうね。


いずれにしても受注者の皆さんは大変です。

心中お察し申上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

北海道の本音、出発進行!!

本日からここでのブログ投稿を開始します。

ブログタイトルは「北海道のCALS人」です。

筆者のH.Nは「北海太郎」と申します。

こことは別のとある場所で趣味である温泉観光情報について書いていますが、少しは真面目に?仕事の事も書いてみようと考え本ブログを開設しました。

ところで私の仕事ですが.....

メインは建設CALS/ECに関する支援、指導業務です。

最近は公的職業訓練施設において、CALSに関連したCPDS認定講習の講師を担当させていただいております。

その他には、のし紙印刷用ソフトの販売、建設関連の特殊受託ソフト開発を行っています。

特に建設CALS/ECに関しては、私の周りに有名ブロガーの方が多くいらっしゃますいので、お知恵を借りながらこのブログでも情報提供できたらと考えております。

すぐにネタ切れとなり、どの程度の頻度で投稿できるかわかりませんが、あまり気負わずボチボチと書いて行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは初回の記事はこの辺で。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年10月 »