« 北海道温泉MAP | トップページ | 雇用管理改善VEセミナー »

2007年9月18日 (火)

情報共有システム(民間ASP)

工事請負者の方はもちろんですが、電子納品支援を担当させていただく者としても特記仕様書はきちんと読みたいものです。


前回、道路工事完成図(北海道開発局では出来形完成(しゅん工)平面図の場合あり)作成に関する指示等が明記されている事をお伝えしました。

今回は、同じ特記仕様書に今年度発注工事から明記されるようになった情報共有システム(民間ASP)の利用規程です。


従前は発注者サーバー方式で、発注者側に用意されていたサーバーを利用し情報共有が行われていました。

しかし、今年度(他部門では過年度)より民間が用意したASPを利用し情報共有する事が義務づけられました。

但し、監督員との協議により民間ASPに代わり発注者サーバー利用も可能と書かれている場合がありますが、ほとんどは民間ASPを利用しているようです。


本日、函館にいる仕事仲間から電話をもらい、民間ASPの中でどこが良いかという相談をいただきました。



以前はJACIC北海道地方センターに民間ASP一覧が掲載されていましたが、いつのまにかそのサイトページがなくなっていました。

(結果的には掲載ASP以外は利用できないような感を与えしまったためであろうと思えます)

特記仕様書にはどこの民間ASPを利用するかは、請負者側の任意と記載されています。(但し事前に監督員との協議が必要)


また、実施にあたっては専任の担当者を決定し、施工計画書に記載の事とあります。

という事は工事の初期段階で決定しなければならない事項です。

工事初期段階には電子納品に関して事前協議書の提出がありますが、その際情報共有に関する内容も記載しなければなりません。

北海道開発局の場合、発注者サイトから提供されている事前協議書様式(工事編は別紙1)内に(4)施工中の情報共有欄が設けてあります。

事前協議書を提出するという事はこの部分を無視する訳にはいきません。


しかし、重要なのは情報共有システムを利用して何を共有するかという点です。

これに関しては具体的内容の明記はありません。あくまでも発注者と請負者間で協議し内容を決める事となっています。

利用する範囲によって、当然ASPの利用料に影響してきます。


北海道のある地域においては、使用するASPを請負者側で統一したところがあります。

これは請負者側の一つの知恵かもしれません。

請負者にすれば工事期間中利用するASPは一つですが、発注者監督員にすれば複数のシステムの操作をしなければならないからです。

いずれにしてもこの情報共有に関する運用が落ち着くにはもう少し時間がかかるようです。


前述の函館の仕事仲間も、お付き合いのある地元の会社から数ヶ月前に発注となっている工事について今になって相談を受けたようです。


きっと周りにそんな現場が結構あるのではないでしょうか。


皆さん、今一度特記仕様書を確認してみてはいかがでしょうか。


何か見落としの重要項目はありませんか?




ところで、どこの民間ASPが良いかの結論は今の段階ではでません。

今年度の様子を見て、来年度当ブログでご報告できればと思います。




それでは。

|

« 北海道温泉MAP | トップページ | 雇用管理改善VEセミナー »

CALS/EC」カテゴリの記事

コメント

いつの間に(笑)
JACICのHPからリストが消されたので、特記仕様書と整合性が取れずに困っている監督員さんや受注業者が出ているようです。
消された理由は想像がつきますけどね。
まあ、今後どうなるのか見守っていきましょう。

投稿: カルゴン | 2007年9月18日 (火) 22時10分

中国地方では発注者自らのサーバーが有りますのでこのような問題にはなりません。
しかし民間より使い勝手が悪いのも確か。

でも無料ってところがいいです。

投稿: もぐら | 2007年9月19日 (水) 00時18分

■カルゴンさん
利用者の利便性を考慮し掲載していたのだと思いますが、未掲載のところからクレームがあったのだと想像できますね。

こういう時こそ資格者を活用すれば、JACICが直接利害関係に関わらずに済むベストな方法なんですがね。

まぁ、ゆっくりと見守らせていただく事にしましょう。

投稿: 北海太郎 | 2007年9月19日 (水) 00時20分

■もぐらさん
本来であれば民間ASPを利用しない場合は発注者サーバーの利用ができると特記仕様書に記載がありますが、私が聞き及んでいる範囲では、北海道開発局においては民間ASPの利用を促されるようです。

でも、最近は格安のASP提供会社が出現しています。
PPI情報で落札後、受注者に利用に関する営業案内DMが送られて来る場合が多いようです。
私が現在支援している現場は、落札の数日後ASP利用料の見積書が郵送されてきましたので。

共有すべき内容の精査はこれからですね。
当面は様子見ってところでしょうか。

投稿: 北海太郎 | 2007年9月19日 (水) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453266/7995724

この記事へのトラックバック一覧です: 情報共有システム(民間ASP):

« 北海道温泉MAP | トップページ | 雇用管理改善VEセミナー »