« 建ブロの日【記事作成・写真投稿について】 | トップページ | 資格というものは・・・ »

2007年9月12日 (水)

ソフトの管理

電子納品に関する業務に携っていると、基準・要領(案)運用ガイドライン(案)そして作成支援ソフトチェックシステム等々、大変多くの電子ファイル無償・有償ソフトに関わらなくてはなりません。


私も仕事柄、当然それらが更新された場合は最新版をダウンロードし保存します。

しかし、すぐその場で内容を確認しない場合も多々あります。

これは忙しさ(本当はそんなに忙しくない・・・)に紛れた私の怠慢の何物でもありません。


そんな時は、私の周りにいる勤勉な建ブロの方々のブログをぐる~っと一回りします。

重要変更がある際は丁寧な解説付で掲載いただいている場合があります。

本当に感謝、感謝なのです。



さて、本日この方の記事を読ませていただき、私も先日同様な思いをしましたので記事にしたいと思います。


今回はソフトの更新を含めたソフトの管理について書きたいと思います。

どぼんさんの本日の記事を読ませていただき私も本当にそうだよなと感じる事が書かれていました。

※以下、どぼんさんの本日記事より

<昨日あったこと>
電子納品対象現場の皆さん
電子納品ソフトのバージョン(要領・基準への対応内容)は確認済みですか?
昨日お伺いした現場では、写真管理の基準が古いままのソフトをお使いでした。
この機会に確認をしてみたらいかがでしょうか?
工期末にバージョンが古いことに気付いたら、ドッキリすること請け合いです(笑)。



私もつい先日ある会社から電話相談を受けました。


この会社は一昨年頃まで私が電子納品支援を実施していた会社ですが、その後社内で十分対応できるとの理由(経費節減の意味もある)でそれ以降は支援していませんでした。

今回の電話で、やはり会社内で十分対応できていない事が判明しました。

(だから、継続して私に相談していればよかったのに・・・・・と呟く小生でした)



その会話の一部。

先方:『発注者から3月に提出した電子納品CDがエラーが出て登録出来ないって言ってきたんですが・・・』

私:『エラーの具体的内容わかりますか?』

先方:『電話来ただけでエラーの原因は、「アイ・ネヌ・ディ・・・何とかのディ・ティ・ディーが存在しません」という事らしいです。エラーリスト等がないのでこれから発注者の所へ行って確認してきます』

私:『できるだけ具体的な内容を確認してきて下さいね』



(そしてしばらく経って・・・・・・・・・)


先方:『エラーの原因は、「INDE_C03.DTDが存在しません」というエラー』でした。



このエラーの場合、大きく分けて3つの事が想定されます。

1.本当にそのファイルが存在しない。

2.納品CDのルートディレクトリにそのファイルの記述がない。(間違ってフォルダごとCDを焼いてしまった場合が多い)

3.電子納品支援ソフトのバージョンが古く最新基準に対応していないため、過去基準のDTDを出力している。今回の場合「INDE_C02.DTD」になっていたりする。

その他の理由によるものもありますが、大体はこの中のどれかです。


私:『手元に提出CDの控えありますか?』

先方:『はい、あります』

私:『次の3つの事(前述の内容)、確認して下さい。』

・・・・・・


先方:『原因わかりました。CD内のDTDが「INDE_C02.DTD」となっています。』

・・・・・・



この会社はあるメーカーの電子納品支援ソフトを持っています。

もちろん正規ライセンスを保有しています。

なのになぜこのような事が起こるのでしょうか。


それは、現場に配布されている最新バージョンが使用者のパソコンに対しアップデートされていないのです。

最大の原因は使用者(現場技術者)の怠慢なのですが、配布した側(会社のIT管理者)にも問題があるかもしれません。

つまり配布後の最終確認を行っていないのです。


以前も本州大手さん(一部上場)の電子納品業務のお手伝いをさせていただいた際、同じような事がありました。

逆に中小建設業者さんの方が徹底されているような気がします。

これは現場技術者が一同に顔を合わせる機会が多いためだと思われます。


どぼんさんの記事にあるように

「工期末にバージョンが古いことに気付いたらドッキリすること請け合いです。」

とあります。


私も全くその通りだと思います。


でもその段階で気付けばまだ良い方で、半年も経ってから

「おたくの現場の納品CD、おかしいですよ」

の方がもっと恥ずかしいかもしれませんね。



電子納品をとりまく基準やソフト等の環境は目まぐるしく変化しています。


少しでも不安があったらお近くの資格者(RCE、RCI)に相談された方が無難ですよ・・・・・おたくの会社の名誉と信頼性の為にも。

それでは。        

|

« 建ブロの日【記事作成・写真投稿について】 | トップページ | 資格というものは・・・ »

CALS/EC」カテゴリの記事

コメント

北海太郎さん(笑)
いつもお世話になっております!

INDEXのバージョンについてのお話がありましたが、
私も全く同じ経験をしております。

正規品でも本社にはバージョンアップROMが届いて
いるにもかかわらず、年中現場にいる方には、その
情報が届いていない、なんてこともよくありますよね。


(ちなみに私のブログのTBは手動での公開設定に
なっておりますので、すぐにブログには反映されない
のですよ)


投稿: どぼん | 2007年9月12日 (水) 12時59分

■どぼんさん
そうですが、やはり同じ経験をされていたんですね。

でも心のやさしい北海太郎はお金にならないのに、手取り足取り懇切丁寧にご指導させていただきました。
だからいつも貧乏なんです。

TBのpingが飛んでいるいる事が確認できよかったです。
ちなみに私宛のTBも手動公開に設定しています。

投稿: 北海太郎 | 2007年9月12日 (水) 13時31分

遅くなりましたが、建設総合ブログに登録が完了しました。今後とも、よろしくお願いいたします。

私も以前こんなことがありました。
http://const.livedoor.biz/archives/50776961.html

投稿: 主義 | 2007年9月12日 (水) 16時44分

■主義さん
建設総合ブログへの登録ありがとうございます。
これから少しでも皆様のお役に立てるような記事を書いて行ければと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

主義さんもXML絡みで同じような体験をされているのですね。
構文の中身になるとちょっとした知識が必要になりますね。

投稿: 北海太郎 | 2007年9月12日 (水) 18時57分

ありますね~
問題発生の原因は二つ!

大企業の場合
末端技術者がアップデートしてない

中小企業の場合
お金が無くてソフト自体のアップデートが出来ていない

かな~と思います。
DTDのバージョンの違いは、普通の技術者には判断つかないですね。

投稿: キタノミナト | 2007年9月13日 (木) 09時31分

■キタノミナトさん
「お金がなくてアップデート出来てない」は問題ありですね。
公共事業を受注する以上、それに対するコストを無視してはいけません。

どうも北海道の建設業はコストに対する意識に偏りが見られますね。
この辺の事については、”某イラスト巨匠”の意見も聞いてみたいですね。


まぁ、いよいよ専門的知識は資格者に任せる時代がやってきましたね。(期待!)

投稿: 北海太郎 | 2007年9月13日 (木) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453266/7910135

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトの管理:

« 建ブロの日【記事作成・写真投稿について】 | トップページ | 資格というものは・・・ »