« MICHIシステム #2 | トップページ | MICHIシステム #4 »

2007年10月18日 (木)

MICHIシステム #3

MICHIシステムの3回目です。

今一度MICHIシステム全体像を説明します。

第1回目の記事で、従前のMICHIシステムと現在運用されている道路工事完成図作成システムの基本的流れは同じであると説明させていただきました。

従前のMICHIシステムでは下記の4項目のデータ、資料を審査機関へ提出し審査を受け、その後発注者監督職員へ完成図書の一つとして提出していました。

これら4項目は、

道路施設基本データ(MICHIデータ)

と呼ばれるものです。

1.道路施設基本データ(電子データ

2.道路施設平面図(道路維持台帳附図等)

3.イメージデータ(現況写真、一般図等の電子データ)

4.その他関係資料





現在運用されている道路工事完成図等作成要領では、上記4項目に加え

5.道路工事完成図(完成平面図)

の作成があります。


この道路工事完成図(完成平面図)道路施設基本データ(MICHI)データ)及び通常の電子納品成果物を所定の基準で一体化し、それらを電子媒体に記録し発注者監督職員に提出するのです。

しかも提出は原則工事完了時(完成図書提出時)になります。

この部分が従前のMICHIシステムと大きく違っている点です。


現在運用されている道路工事完成図等作成要領に基づくデータ及び図面作成にあったては、
「道路施設基本データ(MICHIデータ)」「道路工事完成図(完成平面図)」に扱いを分けて考えた方が理解しやすいと思います。

※電子納品成果物との一体化については前回説明の「道路施設基本データ作成支援システム Ver.2.0.8」上にて実施できます。(次回以降の記事で説明予定)

    

前回、上記1.道路施設基本データ(電子データ)について説明しました。

そして今回2.道路施設平面図(道路維持台帳附図等)について説明しますが、これは今説明した5.道路工事完成図とは別物ですのでご注意下さい。

今回説明する道路施設平面図(道路維持台帳附図等)とは、前回の記事で説明した「道路施設基本データ作成支援システム Ver.2.0.8」で登録された施設の位置を表記した図面を意味します。

現在運用の作成要領では道路施設基本データ位置図と言われているものです。



北海道開発局では、道路施設基本データ位置図作成に際しては、発注者が保有している過去の道路施設基本データ位置図(道路維持台帳附図)をベースに、対象工事における施設データの加除を行う事を原則としています。

道路維持台帳附図がない場合は路線図等を基に作成します。

これは同一区間(国道)における台帳の整合性を図るためです。



基となる道路施設基本データ位置図(道路維持台帳附図)もしくは路線図及び作成に必要な資料は発注者監督職員から貸与を受ける事ができます。


この場合、施工区間の附図データがイメージデータ(tiff形式が多い)のみで提供される場合と、同時にCADファイル(dwg形式が多い)での提供がある場合があります。

CADファイルとして存在する場合は、そのままCAD上施設データの加除が行えますが、イメージデータでしか提供を受けられなかった場合は、ラスターデータとしてCAD上に取り込み作業をされるのが一般的かと思います。

道路施設基本データ位置図作成に関する詳細は「道路工事完成図等作成要領 平成18年8月」49頁の「6)道路施設基本データ位置図作成」を参照願います。

北海道開発局にあっては「道路施設基本データ作成要領(案) 平成19年8月」24頁の「2-7 道路施設基本データ位置図作成」を参照下さい。




次回は3.イメージデータ(現況写真、一般図等の電子データ)の取り扱い、4.その他関係資料及び審査機関への提出について説明したいと思います。




それでは。

|

« MICHIシステム #2 | トップページ | MICHIシステム #4 »

CALS/EC」カテゴリの記事

コメント

このあとには「出来形(しゅん工)完成平面図」が出てきますか?

北海道では、道路工事完成平面図より、こっちの方を主としています。
実際、今年の特記仕様書には「道路工事完成平面図作成」ではなく「出来形(しゅん工)完成平面図作成」だけになっています。

そのため、この辺の平面図作成は1枚(データ)から複数枚に増えました。

やれやれ、です。

投稿: キタノミナト | 2007年10月18日 (木) 09時42分

■キタノミナトさん
「出来形(しゅん工)完成平面図」についても書く予定でいます。

特記仕様書記載事項に関しては、私が支援依頼を請けている現場も対象になっているので、確かな事項を現在確認予定です。

キタノミナトさんもご存知の、この件に詳しいカ○キ○さんにも聞いた所、特記仕様書の表記が誤解して解釈する可能性があるのではと言ってました。

私もそう思う部分がありますので「出来形(しゅん工)完成平面図」については最終確認できた段階で記事を書きたいと思います。

本当は、支援先の監督員経由で先週確認する予定でしたが、先方が多忙のためまだ確認できていません。

それよりも来月開催予定の説明会で確認するのが一番確実かもしれません。

投稿: 北海太郎 | 2007年10月18日 (木) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453266/8465429

この記事へのトラックバック一覧です: MICHIシステム #3:

« MICHIシステム #2 | トップページ | MICHIシステム #4 »