« 人生の哲学 #10 『身をもって範を示す』 | トップページ | アナログ時代の終焉 »

2007年10月10日 (水)

「建ブロの日【コメント投稿について】」

毎月ゾロ目の日、建ブロの日がやってきました。


今回のお題は【コメント投稿について】です。


このブログはまだ開設してから1ヶ月少々しか経っていません。
ただ、私個人としては昨年6月に開設した趣味の温泉ブログを別に持っています。

両方の運営から感じた事を今回書いてみたいと思います。


【コメント投稿】に関しては3つの観点から考察する必要があります。


1.他人のブログ記事に対しコメントする場合

2.ブログ管理人として自分の記事に対しコメントが寄せられた場合

3.それらのコメントの管理について

   

私はほぼ日課としてお気に入りお知り合いブログを訪問し、気になった記事があればコメントさせていただいています。

また時として、見ず知らずのブログ記事にコメントする場合もあります。それは私の趣味である温泉について書かれている記事の場合がそうです。

まずコメントする場合の多くはその記事に同調、あるいは感銘を受けた場合が圧倒的に多いのですが、時として反対意見提言的なコメントになる場合もあります。

ブログ管理人としては、予期していたコメントあるいはそうでない物の入り交じっている事も多いかと思いますが、私の場合はどのようなコメントであっても基本的は大変嬉しく思っています。

ブログを開設した理由は人それぞれかと思いますが、基本は自分の考え人に知ってもらいたいというのが本音ではないでしょうか。



当ブログでは基本的に仕事に関した内容を中心に記事にしていますが、趣味であるもう一つのある温泉ブログは我が家の足跡帳的に書いています。

つまり年老いてきた拙者が過去に歩いた家族との旅日記の記録が目的です。同じ旅好き・温泉好きの方からコメントをいただいた時、それは書き続ける大きなエネルギーとなります。

自分自身の旅日記と言いながら、誰も見てもくれない、気にもしてくれないブログではやはりとても寂しいと思うのです。



それとブログにはアクセス数というのがあります。

どれだけの方に訪問いただいているかの外的指数です。

ある意味多いほど興味度の高いブログといえるかもしれません。

そして訪ねる方のコメントが多ければブログ開設者として大きな意義、あるいは使命感を感じる事と思います。



従ってコメントはブログ継続の生命線です。



特に決められたルールはありませんが、いただいたコメントに対し余程の理由がない限りある程度速やかにコメントをお返しするのがマナーであると私は思っています。

もしそれが嫌だと言われる方はコメントを受け付けない設定にされるのがそれもまたマナーかと思います。



時代は進化し、PCを利用して無料で会話が可能なシステムも登場しましたが、それも良しでしょう。

その昔、田舎に住んでいた私は人との交流を求めアマチュア無線を始めました。見ず知らずの世界の人と会話(一部モールス通信)できる幸せを当時感じていました。

そして今、ブログのコメントを通して全国の方と意見交換させていただいているのはその影響も大いにあるかと思います。



そして”キーボードを打つ”という動作がぼけ防止に有効だと言われている面もあります。

私自身そんな事を考えながらコメントさせていただき、そして自分のブログに対するコメントに対し楽しく返信している日々なのです。



最後に、他のブログへ書かせていただいたコメントは時間の経過とともに私の記憶からなくなってしまいます。
これらが簡単に管理できれば、自分の考えの変遷も振り返る事ができ大変面白いかと思います。
しかしながら私は現在そのような管理を一切していません。


何か良い方法があれば是非皆さんのお知恵を拝借したいと思います。



それでは。

|

« 人生の哲学 #10 『身をもって範を示す』 | トップページ | アナログ時代の終焉 »

建ブロの日」カテゴリの記事

コメント

主義さんのところで、コメント管理ソフトを紹介されていましたよ。

コメントは生命線ですね、肝に銘じておきます。

投稿: まいせつ蜂 | 2007年10月10日 (水) 10時51分

■まいせつ蜂さん
こんにちは。
主義さんの紹介記事見てきました。

こういった情報をいただけるのもコメントのお陰ですね。
ありがとうございました。

北海道は朝夕めっきり寒くなりました。
どうぞご自愛下さい。

投稿: 北海太郎 | 2007年10月10日 (水) 12時40分

やはり、思うところはどのブロガーも一緒ですね。書き手側からのコメントの想いは、全国共通ということがわかりました。

投稿: だいひまじん | 2007年10月10日 (水) 13時38分

私は北海太郎さんの、マジネタの裏側を読むのが大好きです。
記事によっては、すかさず直電して、詳しい情報をこっそり教えていただきたくなってしまいます。
ということをお含みいただき(笑)、今後とも宜しくお願いしま~す!!

投稿: どぼん | 2007年10月10日 (水) 14時36分

■だいひまじんさん
こうして思いを同じくする仲間が、ブログを通じて集える事は大変素晴らしいことですね。

しかも6月には”だいひまじんさん”の多大なるご尽力で一部の皆様と一同に会する事もでき、記事やコメントで”思い描いていた通りの善人”?な方々ばかりで感動いたしました。(笑)

そしてこの事がさらなる相互信頼を生み出しているのだと痛感しています。(感謝)

投稿: 北海太郎 | 2007年10月10日 (水) 15時09分

■どぼんさん
>私は北海太郎さんの、マジネタの裏側を読むのが大好きです
私は”表の顔””裏の顔”を持っています。北海道で見ていただいたのは表の方です。(謎)
”裏の顔”はススキノのとある特殊な場所でしか見られません(爆)


>記事によっては、すかさず直電して、詳しい情報・・・・・
”スカイプ”を導入していない理由は、直電で寝られなくなるのを防止するためです。(笑)

これから寒くなりますのでご自愛下さい。
※北海道では朝夕ストーブに火が入る時期となりました。

投稿: 北海太郎 | 2007年10月10日 (水) 15時35分

コメントから情報をもらうのってうれしいですね。
便利ソフトを紹介したら、こっちも良いですよっていうのが非常に助かります。

投稿: 主義 | 2007年10月10日 (水) 20時32分

[壁]_☆)キュピーン

>コメントはブログ継続の生命線
おおぉぉぉ~、名言ですね!
しっかりメモしておきやす^^

投稿: きーさん | 2007年10月10日 (水) 21時20分

■主義さん
コメントがあるからこそ、がんばって次の記事を書けるのだと思います。
そしてブログでいただける貴重な情報はまさに”宝”です。

今後ともいろいろな便利ソフトの紹介をよろしくお願いします。(感謝)

投稿: 北海太郎 | 2007年10月11日 (木) 00時06分

裏の顔が見れなかったのが残念!

けれどコメントを貰うと自分の中で書き足らなかった文章が増え、より充実した投稿に仕上がりますよね。

私もそれで助けられています。

投稿: もぐら | 2007年10月11日 (木) 00時09分

■きーさん
お久しぶりです。
現場忙しそうですね。

この間きーさんのとっておき情報をこの方の記事で知りました。
今度、お客様の道路工事完成図の同行協議へ行った帰りに立ち寄ってみたいと思います。

投稿: 北海太郎 | 2007年10月11日 (木) 00時14分

■もぐらさん
前回は表の顔だけでした。
それでは次回北海道ご訪問の際は裏の顔を・・・。(謎?)

マジなコメントをする場合、大変な気を遣います。もしそれにウソがあれば大恥ものですので。

それと背中合わせに位置するのが”ボケコメント”ですね。
緊張した仕事後の息抜きになります。
でも”ウケ”に失敗するとその場が凍り付く危険もあります。

ある意味コメントは”自己啓発”ですね。

うちの女房が毎日やっているニンテンドーDSの脳トレより効果大だと思っています。(爆)

投稿: 北海太郎 | 2007年10月11日 (木) 00時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「建ブロの日【コメント投稿について】」:

» 建ブロの日【コメント投稿について】 [CIC建設コラム]
昨日は、4回目の建ブロ(建設ブロガー)の日。お題は、「コメント投稿について」でした。 今回は15のサイト [続きを読む]

受信: 2007年10月11日 (木) 08時14分

« 人生の哲学 #10 『身をもって範を示す』 | トップページ | アナログ時代の終焉 »