« 「建ブロの日【コメント投稿について】」 | トップページ | 点検整備は重要だ! »

2007年10月13日 (土)

アナログ時代の終焉

独立起業から早いもので22年の月日が流れました。

最近ブログ記事を書きながら、ふと昔の事が頭の中を横切る事があります。今回はそんな懐かしき時代の話題について書いてみます。

私が起業した1985年当時、パソコンによる外部ネットワークと言えばモデムを利用したBBSの時代です。

ところでBBSって皆さんご存じでしょうか?

BBSとはBulletin Board Systemの略でインターネット上の電子掲示板サービスのことです。

今風に言えばSNSSocial Networking Service)のようなものですね。

当時いくつかの人気サイトがあり、そこに書き込みしていたのを思い出しました。

中でも大分県にあったCOARAには良く接続していました。当時私と同時期に起業した仲間と北海道でもBBSを立ち上げようと、大分COARA事務局を訪ねたのを思い出しました。今考えると何とも無茶していた時代です。

その後BBS北海道で立ち上げましたが1年程の運用で閉鎖を余儀なくされました。理由は資金難です。現在のようにバナー広告等で運用収入を見込める時代ではなく、ほとんどが持ち出しとなってしまったためです。




さて、話を本題に戻します。

私がBBSを始めた頃の通信速度は300bpsです。家庭の電話機と言えば黒電話の時代で、音響カプラーなる機器に電話機のハンドセットを押し込み通信していたのです。

もちろん速度的にいってテキストデータ主体の通信です。画像のやりとりも技術的にできなかった訳ではありませんが、何せ通信時間が膨大にかかりました。

時間がかかるのは結構なのですが、その間の通信時間はそのまま電話の通話料に反映され、知らずに放っておくととんでもない電話代が後日請求される羽目に会ったのです。

さて、このカプラー利用の時代からやがて高速モデムの時代へと変化を遂げます。

しかしモデム利用に際し一つの問題がありました。

   

それは、モデム電話回線接続(ジャック形状)です。


当時一般に普及していた黒電話は屋内配線と電話機接続はローゼットと言われる機器を介して行われていました。
現在では当たり前のモジュラージャックではなかったのです。

それとこのローゼット及び電話機は当時電電公社(のちにNTT)からの借用物(レンタル)扱いであったため、勝手に電話線に関する工事(ジャック形状変更等含む)を行う事ができませんでした。



当時このようなパソコン通信による機器接続ニーズに対応するため私はある資格を取得しました。

工事担任者資格です。

中でも一番下位のアナログ第3種です。

この資格は、アナログ伝送路設備に端末設備を接続するための工事(端末設備に収容される電気通信回線の数が1のものに限る。)を行う事ができる国家資格で、郵政大臣より免許されるものです。


しかし実際この資格、そんな大それたものではなく、早い話が前述のローゼットモジュラーコンセント変換する工事が主と言って良かったでしょう。


当時モデムを購入すると、この工事に関する届出用ハガキが同梱されており、そこに工事担任者資格者番号を記入する欄がありました。

資格取得後お客様からの依頼で行った変換工事で、何度か記入した記憶があります。



資格を取ってから20年、つい最近までその資格を取得した事すら忘れかかっていました。

今では全くと言って良いほど利用価値のない資格になってしまいました。

今はただ、資格証に貼られている写真を見て、若かった時代の自分を懐かしんでいます。

※ご承知の方も多いかと思いますが、郵政省(現総務省)所管の資格・免許証は終身免許のため、貼られている写真は、紛失、棄損、盗難、記載事項の変更(婚姻等による氏名変更等)等による再発行がない限りそのままとなります。アマチュア無線等の無線従事者免許証も同じです。

3870511mjpg


資格取得(交付年月日)は昭和62年5月11日付です。

でも、資格証下の証明発行日は平成5年11月18日になっています。
これは、最初の資格証がこのころ財布ごと盗難に遭い再発行してもらったためです。




そしてこの資格証を見て「アナログ時代の終焉」を実感するのでした。




それでは。

|

« 「建ブロの日【コメント投稿について】」 | トップページ | 点検整備は重要だ! »

免許・資格」カテゴリの記事

コメント

電電公社って郵政管轄でしたか。民営化になって資格制度も大きく変わったと思います。

北海太郎さんの発想力、行動力には驚かされています。いろんなことをされていますね。

投稿: もぐら | 2007年10月13日 (土) 07時17分

■もぐらさん
民営化や規制緩和により、資格制度も改正され資格がなくてもできる範囲が増えましたね。

独立当初は儲からない事をたくさんやっていました。今考えると本当に無茶していました。

今回の資格もそうですが、もうひとつ今では役にたたなくなった資格を当時取得しています。

そのうちそれについても記事を書いてみたいと思います。

投稿: 北海太郎 | 2007年10月13日 (土) 08時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナログ時代の終焉:

« 「建ブロの日【コメント投稿について】」 | トップページ | 点検整備は重要だ! »