« 北海道開発局「道路工事完成図書等作成要領にかかる説明会及び道路管理データベース(MICHI)説明会」 | トップページ | 晩秋の小樽と美女 »

2007年11月 4日 (日)

人にやさしい工事現場

本日は日曜日ですが、思いついた事があったので記事を書いてみました。

先日、建設ブログ界の巨匠nikumaruさんのサイトでケロガードと言われるバリケードの紹介記事がありました。

その記事はここをクリック →ケロガード記事

最近の工事では実に多種多様バリケードが使用されているんだなぁ~と、ちょっと驚いた気分で記事を読ませていただきました。



先日札幌中心部へ行った際、ある工事現場を見る機会がありました。

11_071102__2


この工事は創成川アンダーパス工事で、以前あった2本の地下隧道を1本に繋げ、旧隧道により分断されていた東西を平面で通行可能にする大規模工事です。

南5条線から北3条通までの約1100m区間6つの共同企業体が工事を担当しています。

工事区間は市内でも交通量が非常に多い区域であり、地下鉄の横断地下通路さらに多くの地下埋設物が入り組んでいるため、工事担当者の気遣いはいかばかりかと察しております。

   







さて、そんな地上部工事において例のケロガードが設置されていました。

01_071102_


やはり単純な従来型バリケードに比べると運転者歩行者目に優しく映ります。

私が撮影した地点は南3条付近で、創成川の東側には札幌市民の台所と言われている二条市場があります。最近は札幌市民というよりも多くの観光客の方で賑わっているスポットです。

そんな二条市場へ向かう歩道にこんなバリケードがありました。

02_071102_


そうです。カニです。


02_071102__2


カニのデザインがバリケードに付いていました。

そしてまっすぐ誘導路を歩いていると”足元にご注意下さい”と女性の声でアナウンスが・・・




20_071102_talknavi


あれ?・・・

これってどこかで見たことあったぞ!

そうです、あの巨匠の記事”嫁の声”です。
※私の記憶力もなかなかです(笑)

やはり巨匠には先見の目があったのですね。(感心!)




さて二条市場から来た道を戻るとそこは小路商店街です。


二条市場方向がカニなら・・・・・・・・・・・

狸小路方向は・・・・・・




ハイ!皆さん正解です。

03_071102_


たぬきの絵柄が付いていました。

たぬきのデザインキャラクタを近接で撮影してみました。


04_071102_


これだと、現場の状況に応じたデザインキャラクタを作成し、差し替えが可能ですね。



ふと思ったのですが、英語表記の「BADGER」を辞書で引くと「アナグマ」となっていました。


私的には「たぬき(狸)」をイメージしていたと思うのですが・・・・・・

ちなみに「タヌキ」は英語で「a raccoon dog」となっています。

文字の長さ的な事もあったのでしょう。まぁ細かいツッコミはしない事にしましょう。


目的は安全通行であり、無事故無災害なのです。



いずれせよこうした現場の努力によって工事現場が少しは明るく楽しい場所になり、安全性が向上されれば言うこと無しです。



そしてこうした「人にやさしい工事現場」発見に際してはいつも”nikumaruさん”の影を垣間見る事ができます。(笑)

「道路工事中につきご協力を・・・」 ....

まさにタイトルがやさしく語りかけていました。





それでは。

|

« 北海道開発局「道路工事完成図書等作成要領にかかる説明会及び道路管理データベース(MICHI)説明会」 | トップページ | 晩秋の小樽と美女 »

工事現場」カテゴリの記事

コメント

さすがですね!
普通に色々な単管バリケードがあるとは?
東京でも探してみますが、見たことありませんね。

投稿: 主義 | 2007年11月 5日 (月) 08時14分

こうして見ると、やはり北海道って進んでいますよね。他地域の情報がこうやって知れるのもありがたい話です。

nikumaruさんが引っ張っておられます。

投稿: まいせつ蜂 | 2007年11月 5日 (月) 09時30分

■主義さん
不思議なもので、探して見るとなかなかそのような現場に出会う事が無いかもしれません。
まだまだ出始めなので新鮮さがありますね。

投稿: 北海太郎 | 2007年11月 5日 (月) 10時07分

■まいせつ蜂さん
北海道も広いですが、全国も広いですよ。
本州から学ぶ事も多いですね。

北海道でこのような安全機器がいち早く普及するのは、交通事故死ワースト1の影響もあるかと思います。
それと走行する車の平均速度が全国一速いのでドライバーや歩行者の視認性を高める必然性があります。

>nikumaruさんが引っ張っておられます。
その通りです。(笑)

投稿: 北海太郎 | 2007年11月 5日 (月) 10時18分

どーも牽引役です(爆)

この現場は、札幌を代表する現場です。
ソコより、ちょっと早く「新技術」を取り入れる私なのです(笑)

私のケロガードの記事を読んでみると分かりますが、コノ現場で「ケロガード」を使うという情報があったので、意地でも私が先陣をきったしだいなのです(笑)

投稿: nikumaru | 2007年11月 5日 (月) 18時11分

■nikumaruさん
他の現場の情報を先取りするあたりが流石巨匠たる所以ですね。
感服いたしました。

今度先取りする「新技術」がある際はこっそり教えて下さいね。


相手側にリークしますので(笑)

投稿: 北海太郎 | 2007年11月 5日 (月) 18時20分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人にやさしい工事現場:

« 北海道開発局「道路工事完成図書等作成要領にかかる説明会及び道路管理データベース(MICHI)説明会」 | トップページ | 晩秋の小樽と美女 »