« 審査待ち・・・ | トップページ | 建設ブロガー会in岡山・広島 »

2008年4月 4日 (金)

建ブロの日【年度末を終えて&新建設人の皆さんへ】

新しい年度に入り、またまた建ブロの日がやってきました。

今回のお題は
・・・建ブロの日【年度末を終えて&新建設人の皆さんへ】です。


私の年度末は毎年の事ですが、建設関連講座の講師として北海道各地を回っていました。

従来、年度末と言えば「電子納品支援」を主としていましたが、5年前より講座講師を担当させていただくようになりました。

特に昨年からCPDS認定講座となり「総合評価落札方式」対応のため来られる受講生も多く、講座の開催数や種類も増えてきました。


講座の休憩時間等に受講生の方とお話させていただくことがあります。
お話を聞かせていただくと、昨今現場技術者の負担が増大していることを感じさせられます。


私が20数年前現場で仕事をしていた時代は確かに朝早くから夜遅くまで働いていましたが、今のように作成書類などが多くなかったように思います。

現在建設現場で働く技術者の方の苦労が良くわかります。



さて、今回のテーマにある「新建設人の皆さんへ」について私の経験談をお話させていただきます。

皆さんは縁あってこの業界へ入って来られたことと思います。


この業界を選択された一番の理由は何だったでしょうか?


理由はともかく人様からお金(給料)をいただくという事はそう簡単な事ではありません。


社会人一年生の皆さんにとって、学生時代と違い時間軸が一変することと思います。
全てが自分のペースではなく相手のペースで時間が経過します。

そして一日が今まで以上に長くそして辛い時間として感じるかもしれません。

いくら覚悟を決めて就職したとは言え「私にはこの仕事はむいていない」と思われる方も多く現れるかもしれません。


そこで一言。


「どの世界でも仕事は辛いものです!!」




もし転職を考えるのであれば、その業界の苦労や悪い点を良く吸収してから辞めた方が得策です。

それはいずれ長い人生の中で経験談として生かせる時が来るからです。

そんな私も、建設業界から転身した一人です。


私は大学を卒業後、道路業界に3年、設計コンサルタント業界に4年、合計7年間サラリーマン生活を送りました。

その後現在の会社を立ち上げましたが、今思うことはサラリーマン時代の7年間が大いに役に立っているという事です。

「苦労はお金を出してでも買え!」という言葉があります。
まさにその通りです。


それはお金を出さない苦労はただただ辛さとしか感じません。
しかしお金を出して買った苦労は、その後その元を取ろうと目標を持ち努力するからです。

そこには希望が存在します。



どんな職業を選択しても不満はなくなりません。

そんな不満を乗り越え、その道のプロとして今後活躍いただける事を切に願っています。


がんばれ新人!!

日本の未来は君たちの肩にかかっているのだから・・・


それでは。

|

« 審査待ち・・・ | トップページ | 建設ブロガー会in岡山・広島 »

建ブロの日」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建ブロの日【年度末を終えて&新建設人の皆さんへ】:

« 審査待ち・・・ | トップページ | 建設ブロガー会in岡山・広島 »