« 「SXF技術者更新セミナー」受講しました | トップページ | ケロガード? »

2008年9月27日 (土)

社会基盤情報標準化セミナー2008(JACIC)

昨日、札幌で開催された「社会基盤情報標準化セミナー2008」に参加してきました。

主催は財団法人日本建設情報総合センター(JACIC)です。
会場には建ブロメンバーも数名いらしてました。

このようなセミナーが北の大地で開催されるのは大変稀な事です。



さて、セミナープログラムを説明します。

●13:00~13:05 開会挨拶
            (財)日本建設情報総合センター 理事長 門松武氏

●13:10~13:40 『国土交通省が進めるこれからのCALS/EC』
           国土交通省 国土技術総合政策研究所 情報基盤研究室長 金澤文彦氏

10_jacicseminar20080926calsec




●13:40~14:10 『社会基盤情報標準化委員会活動の概要』
           (財)日本建設情報総合センター 審議役兼標準部長 秋山 実氏

20_jacicseminar20080926




●14:10~14:40 『地理空間情報と最近の動き』
           (財)日本建設情報総合センター GIS研究部長 海図 優

30_jacicseminar20080926




★14:40~15:00 休憩

会場は多くの参加者の熱気で溢れていました。

32_jacicseminar20080926




●15:00~15:40 『国際標準に準拠したSXFの開発について』
           関西大学 総合情報学部 教授 田中 成典氏

40_jacicseminar20080926sxf




●15:40~16:10 『島根県における電子納品の実施』
           島根県土木部技術管理課 企画調査グループ 係長 石倉 英明氏

60_jacicseminar20080926


今回のセミナーの中ではこの方のお話が一番盛り上がったかもしれません。

それではそのお話の一端をお聞き下さい。
(6分23秒あります)

 



●16:10~16:20 質疑応答

●16:20~16:25 閉会挨拶
           (財)日本建設情報総合センター 審議役兼標準部長 秋山 実氏



詳細の解説は私以外のどなたか(もしかしたらこの方こちらのサイト)がしていただけると思いますので私はご報告までとさせていただきます。(笑)

ただ一つ感じたのは、将来計画(理想)はどんどんと先へ進んでいる感があります。
実際のところ「CALS/EC」って一体誰のためにあるのでしょうね。

ある意味その辺りの現実をズバリ切り込んだのが島根県の事例発表だったのかも知れません。



なお、同様なセミナーが10月24日(金)、東京会場でも実施されます。
一部札幌とは内容が違っているようです。
詳細はJACICサイトのこちらをご参照願います。

※今回の全セミナー内容は後日JACICのHPに掲載されるとの事です。

|

« 「SXF技術者更新セミナー」受講しました | トップページ | ケロガード? »

CALS/EC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453266/24047960

この記事へのトラックバック一覧です: 社会基盤情報標準化セミナー2008(JACIC):

« 「SXF技術者更新セミナー」受講しました | トップページ | ケロガード? »