« マイカーで楽しむジェットコースター | トップページ | 非常電話 »

2008年11月 2日 (日)

環境色

先日環境色に関してこの記事がありました。

私も以前道路情報装置関連のシステム開発を行っていた際、国立公園内に設置する支柱や制御ボックスに環境色が指定されたのでその事を覚えていました。

また支柱設置の際、支柱保護のため防護柵(ガードレール)を設置する場合もあり、同様に環境色となっていました。

国立公園内においては特別地域及び特別保護地区にける各種行為については、自然公園法において厳しい縛りがあります。
(以前野湯に無断で浴槽を設置したり脱衣施設を設けた事例に対し撤去命令が出されました)

また、公共構築物であってもその設置に関してはこれに基づき厳しい設置基準定められています。
安全柵(ガードレール等)の設置に関しても下記のように定められています。

安全柵を設置する場合は、自然石を使用した車止め形式のものが最も良いが、ガードケーブル又はガードレールでも可とする。
ガードケーブルを使用する場合、支柱の色彩は亜鉛メッキ仕上げとし、主要公園利用施設から望見される場合は焦げ茶色に塗装する等周囲の景観を損なわないよう留意する。ガードレールを使用する場合で、主要公園利用施設から望見される場合は外側及び支柱を焦げ茶色に塗装する。

●支笏洞爺国立公園(支笏・定山渓・登別地域)の特別保護地域、特別地域、普通地域等の詳細については下記サイトを参照願います。
http://www.env.go.jp/park/shikotsu/intro/files/area_1.pdf



先日女房と登別温泉に行った帰り環境色になったガードレールや高欄を見ましたのでレポートします。

01_20081026_

ここは道道2号洞爺湖登別線です。
登別温泉からオロフレ峠に向かう途中です。

この区間は国立公園の特別地域に指定されています。



02_20081026_


「さかえはし」の高欄です。

03_20081026_


環境色は周辺環境との調和を図る目的があります。

|

« マイカーで楽しむジェットコースター | トップページ | 非常電話 »

雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453266/24962512

この記事へのトラックバック一覧です: 環境色:

» 国立公園で発見! 異色のコンビニ [CALS斬りっ!]
 大雪山国立公園内にある層雲峡温泉  ここは、国道39号線が縦貫する北海道の代表 [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 16時20分

« マイカーで楽しむジェットコースター | トップページ | 非常電話 »