« P21ファイルを見る・・・ | トップページ | 電子納品媒体の枚数 »

2009年2月21日 (土)

MICHIシステムの審査

北海道開発局では平成20年度の道路施設基本データ(MICHIデータ)審査窓口が一元化されました。


そして私が現在支援させていただいている現場代理人宛に先日この通知がメールで届きました。

私自身、この通知を大変待ちわびていました。


通知文を読んで少々気になった部分がありました。

「なお、平成19年度まで審査機関が実施していました「道路施設基本データ」作成に係る支援作業(問い合わせ対応等)については、平成20年度から行わないことになりましたのでご了解願います。」


しかし今後どこが支援を行うかの記述がありません。

もしかして発注者宛への質問を含め「どこにも問い合わせてはいけない」というニュアンスでしょうか。



工事は今週初め完了検査を終えたのですが、電子納品成果物とMICHIデータを要領(案)に則り同時提出すべく昨年より準備を進めてきました。


実際私が現在支援させていただいている現場のMICHIデータで次のような事例がありました。





附図は監督員経由で入手する事になっていますので現場代理人は発注者監督員に
「今回の現場に関する附図をお願いします」
と連絡し入手する事になります。

今回支援する現場もそれに則り発注者監督員から入手し、施設データ作成を完了し審査機関への提出準備を整えました。

しかし、審査窓口が未決定のためしばらく待たされたのは前述の通りです。

このような事はままある事なので幾分あきらめ気分でしたが、もっとがっくりする出来事がありました。


審査窓口の正式決定通知をいただき、先日作成したMICHIデータを提出したところ次の指摘で返送されてきました。

「使用附図が古いので新しい附図を監督員から受領して下さい」


えっ!!


この附図は監督員から受領したものなのですが・・・


現場代理人に連絡し再度附図をいただくと、確かに前回と違う新しい物が届きました。(この新しい附図はいつからあったのでしょうか?)


正直、位置図、一般図は描き直しになります。


このような流れを見た現場代理人と支援受託者の私との信頼関係にも支障が出そうになりました。
CALS/ECに関する有資格者である私が図面確認を怠っていたかの対応に不安を覚えたからです。

最新の附図がどれであるかは、こちらで確認する手段がありません。
(以前は審査機関であるコンサルに確認ができましたが・・・)

しかしこちらの現場代理人とは長い付き合いですので、一連のプロセスを説明させていただき納得いただけましたが、この辺りのフローを理解していない現場代理人の場合はクレームになってしまうのではないでしょうか。


以前、附図の新旧やこちらで判断の付きにくい施設記載の事前確認等が審査機関に対し問い合わせできたので、正式な審査段階では大きな描き直しなどの手戻りは比較的少なかった気がします、これでは今後の作成が危ぶまれます。

というよりこのような事が常態化してしまうと、MICHIデータの外注費がおそらく上昇するに違いありません。

もちろん、請負者が発注者からいただくお金に変化はありませんので、請負者負担が増大する事になります。



今回の審査機関一本化と問い合わせ対応の廃止に関し種々の弊害を垣間見てしまいました。

|

« P21ファイルを見る・・・ | トップページ | 電子納品媒体の枚数 »

MICHIシステム」カテゴリの記事

コメント

民主党が大勝しましたね。
民主党にパワハラを止めさせてもらいましょう。
財団法人道路保全技術センターも叩かれ疲れてパワハラまで行う機関になったのですね

道路施設基本データなんかの審査も廃止して、国土交通省の職員が審査すれば良いような気がしますし、その分、税金が使われなくなります。

財団法人道路保全技術センターの職員が審査しているのでしょうか?

財団法人道路保全技術センターは年間306件の仕事を受けられる態勢になっていないことも明かしたうえで、「どこに仕事を投げているのか情報公開を」と強く求めた。これに対して冬柴国土相は情報公開することを明言、機関の在り方自体を検討していく考えを述べたらしいですから。

民主党に財団法人道路保全技術センターが「どこに仕事を投げているのか」情報公開を強く求めてほしいですね。

ほんとは審査業務から辞退してほしいですね。
システムで審査できないのでしょうか。
システムエラーが0になったら完成みたいな。

投稿: 民主党大勝 | 2009年9月 4日 (金) 14時10分

■民主党大勝さん
とにかく情報公開が今後重要になりそうですね。

投稿: 北海太郎 | 2009年9月 5日 (土) 17時57分

水を差すようですが、民主さんには大手術は無理です。支持母体が公労協です。自分でどうして自分の首を絞めるのでしょうか。パフォーマンスで、何かしても続かないでしょうね。
最も最悪の支持母体は、「日教組」です。今の日本に自虐史観を与え、間違った教育を推進した張本人です。加えて、鳩山氏、岡田氏などは理解できても、どうして社民党など狂っている極左(北朝鮮にミサイルのお祝いをした狂った党首のいるところ)と共闘など考えるのでしょうか。共産党の態度は理解できますが、ヒステリーおばさんは理解できません。民主党さんが本当に政権党を考えるなら早めに狂った彼らと決別すべきです。また、にわか国会議員が官僚と対峙などできません。頭の出来が違います。
民主党は、今回の選挙がマスコミに作られた政権交代と言うことをまず真摯に考えることが大事です。マスコミは馬鹿な有権者をあおることで自分たちの考える方向に間違った誘引をしているだけのマスゴミです。馬鹿な有権者の良い例が、選挙のすぐ後、高速道路が無料になると考えて発言した馬鹿おばさんです。みのもんたしか信じていない低脳馬鹿です。

投稿: pavo | 2009年9月 8日 (火) 01時16分

■pavoさん
コメント返信が遅くなり申し訳ありません。

とにかく今回の政権交代は私の世代の人間にとっても初めての事なので、先ずはお手並み拝見ということですかね。

私見ですが、国民主権の国家では政権与党は現実路線の踏襲が基本にならざるを得ないと思っています。

今後の社民党の路線に注目したいと思います。

投稿: 北海太郎 | 2009年9月12日 (土) 09時52分

Cars and houses are quite expensive and not every person can buy it. Nevertheless, loans was created to support people in such situations.

投稿: Norman34Janette | 2012年6月25日 (月) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453266/28232910

この記事へのトラックバック一覧です: MICHIシステムの審査:

« P21ファイルを見る・・・ | トップページ | 電子納品媒体の枚数 »