« 田中賞 | トップページ | ランブルストリップス »

2009年5月17日 (日)

直線道路日本一

全国には「○○日本一」と言われる物が数多く存在し、町の観光名所になっている場合が多いかと思います。

皆さんの町には何かこのようなものがありますか?


私はどんなものでも我が町の観光資源として外向きに情報発信いただき大いにアピールしていただく事をお薦めします。

できればそれは最初から日本一を目指し意図的に造られたものよりは自然の流れで結果としてそうなったものが一番だと思います。



そんな北海道に「直線道路日本一」があります。

それは札幌と旭川を結ぶ国道12号にあります。
美唄市光珠内と滝川市新町間の延長29.2kmです。

102_20090514_


何故こんなに長い直線路になったのでしょうか。


北海道開拓の歴史の中で多くの道路が開削整備されて来ました。
ここ国道12号も例外ではありません。

モニュメントに記されていた沿革によると、明治19年(1886)北海道庁が開庁され岩見沢から旭川間のこの区間は上川道路と呼ばれ、樺戸集治監の囚人により幅1.8mで開削された事に始まります。

その後明治22年(1889)空知集治監の囚人の手により幅5.5mに改修されました。
この時明治21年の上川道路工事復命書の中に
「・・・・・・他日不十分ノナキヨウ、ナルベク直線道路ト為スヲ主トシテ、実測に尽セリ」とあったためこのような直線道路が出来上がった訳です。

私も土木技術者の端くれなのでふと思ったのですが、当時の測量技術でこれだけの直線を計測された事に敬服したいと思います。


さて直線道路日本一がここ北海道にある事がおわかりいただけたかと思いますが、日本一長い鉄道直線区間も北海道にあります。

JR室蘭本線の白老駅~沼ノ端駅間の28.736kmです。

大阪からの「トワイライトエクスプレス」、上野からの「カシオペア」、「北斗星」に乗車され札幌へ来られた方は知らない間にこの区間を通過されています。(函館方面からの特急列車も全てこの区間を通過します)

こうして見ると北海道の広大さを改めて感じていただけることと思います。

勉強家の方が多い建ブロ会としては、次回オフ会ではこのような土木施設も見学コースに組み入れたいと思っています。(笑)



より大きな地図で 直線道路日本一(美唄市側) を表示

|

« 田中賞 | トップページ | ランブルストリップス »

地域限定」カテゴリの記事

道路」カテゴリの記事

雑学」カテゴリの記事

コメント

さすが北海道。並みの距離ではないですね。ハンドリング命の本州人。(笑)

反対にこちらでは1桁国道(国道9号)ですが、R=50mの道が続くところがあります。歩道無しの2車線。狭いですよ~。(笑)

投稿: もぐら | 2009年5月17日 (日) 14時50分

■もぐらさん
本州は人道や馬車道がそのまま国道になったような場所がありますね。
歴史の奥深さを感じます。

その点北海道は未開拓の土地に道路を開削したので基本的には直線で造成したのです。

北海道人としてはたまには本州の道路を走行し刺激を受ける必要がありますね。(笑)

投稿: 北海太郎 | 2009年5月17日 (日) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453266/29638945

この記事へのトラックバック一覧です: 直線道路日本一:

« 田中賞 | トップページ | ランブルストリップス »