« 越川橋梁(第一幾品川橋梁) | トップページ | 熊の入った家 »

2009年6月23日 (火)

国道279号 ※海上国道

北海道には総延長約6500km国道があります。


本州では国道が他県に跨っている事はごく当たり前の事ですが、北海道では基本的に国道の起終点が北海道内で完結しています。

しかし、3本の国道だけは北海道内で完結していません。

それは国道279号、国道280号、国道338号です。

今回紹介する国道279号を除き、国道280号及び国道338の国道標識は北海道内にないためお気付きにならない方も多いかと思います。

「ちょっと待って下さい、国道279号だって見たことないよ!!」

とおっしゃられる方も多いかと思いますが、これは標識があります。

それは函館駅前にあります。

国道278号を湯の川温泉方面から函館駅方向に向かうと次の道路標識があります。
100_27920090621_
これでは標識がわかりずらいので拡大してみます。

102_27920090621_


標識に従い左折すると、交差点に次の標識がありました。

110_27920090621_


さらに写真をアップすると

120_27920090621_


ここが国道279号の起点です。

起点は函館市電「函館駅前」でもあります。
130_27920090621_


それでは道路標識に従って国道279号を辿ってみたいと思います。

150_27920090621_


市電の線路に沿って直進します。

180_27920090621_279


道路標識では次の交差点を右折になっています。

標識通りに右折すると・・・

200_27920090621_279


あれれ・・・

この先は海ですけど・・・

もう少し進んで見ましょう。

220_27920090621_279


国道はこの桟橋で終わりになっています。

道路反対方向に振り向くと

250_27920090621_


確かにここが国道279号であることに間違いありません。



実は国道279号の起点は北海道函館市ですが終点は青森県上北郡野辺地町となっています。

このように海で一旦国道が事実上寸断され、この区間をフェリー等を利用することを前提とした国道を「海上国道」と言っています。

前述した国道280号(起点:青森市、終点:函館市)、国道338号(起点:函館市、終点:青森県上北郡おいらせ町)も海上国道となっています。

しかし北海道内にはこの番号の国道標識は存在しません。

ちなみに国道280号は国道228号、国道5号と、また国道338号は国道279号と北海道内では全線重複しています。

重複国道では2つの国道標識が表示されている例もあるので、個人的には是非表示してもらいたいと思います。(笑)

640_3723020081022_





海上国道は全国に20路線以上存在します。

私が昨年走行した国道28号(起点:兵庫県神戸市、終点:徳島県徳島市)もそうです。
※写真は淡路島内を走行中です。
500_2820080716_
今でこそ明石海峡大橋や大鳴門橋の開通により車で往来が可能となりましたが、それ以前はフェリーにより連絡していました。

また岡山県と香川県を結ぶ瀬戸大橋も高速道路ではなく実際は国道30号バイパス(自動車専用道路)ですし、東京湾アクアラインも国道409号なのです。

国道ってこうして調べてみると結構面白いデータが詰まっていますね。

お子さんの夏休み自由研究の題材にいかがでしょうか?(笑)

|

« 越川橋梁(第一幾品川橋梁) | トップページ | 熊の入った家 »

雑学」カテゴリの記事

コメント

佐渡島のフェリーも海上国道ですね。
直江津と新潟西港が国道で結ばれています(昔現場で行っていました)。

ちなみに、私が作った圏央道も国道457号線です。

投稿: sewa | 2009年6月23日 (火) 07時41分

■sewaさん
お仕事お疲れ様です。
一区切りつき美酒に酔っているのではないでしょうか。(笑)

海上国道は全国に点在していますね。
将来技術開発が進み安全で低コストの橋梁開発がなされ、その全てが陸路で結ばれたら素晴らしいですね。

日本の土木技術がさらなる飛躍と進化を遂げることに期待したいと思います。

是非sewaさんにその一躍を担っていただければと思っています。

投稿: 北海太郎 | 2009年6月23日 (火) 09時05分

海上国道の最長は、鹿児島-那覇で850km程有ります。

夏休み中に、子供達が"道"を踏み外さない事を願ってるウサギ。

投稿: u.yan | 2009年6月24日 (水) 17時48分

■u.yanさん
コメントをお待ちしておりました。
国道58号はu.yanさんの為に記事内では外しておきました。(笑)

以前車で福岡ドームへ行った際「百道」が読めなかった北海太郎です。

投稿: 北海太郎 | 2009年6月24日 (水) 18時11分

もう御存知でしょうが「モモチ」です。

黄金餅は落語で、モチモチは柔肌で、痛いのは尻餅、私が好きなのは「棚からぼた餅」です。ウサギ

投稿: u.yan | 2009年6月24日 (水) 20時12分

■u.yanさん
その後の調査で「モモチ」と読めました。

福岡の話をすると20年前中州に行きつけの店があったのですが、お店の名前を思い出せません。
ビルは丸源●●ビルだったような・・・(笑)

きっともう違うお店になっているかと思います。
そのうち探索にお伺いしたいと思います。でも良い店だったなぁ~(笑)

投稿: 北海太郎 | 2009年6月24日 (水) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453266/30233039

この記事へのトラックバック一覧です: 国道279号 ※海上国道:

« 越川橋梁(第一幾品川橋梁) | トップページ | 熊の入った家 »