« 巣鴨でミニミニ建ブロ会 | トップページ | 2010建設ブロガーの会in北海道 »

2010年7月17日 (土)

建設産業市民化の新展開

昨日、北海道大学クラーク会館にて「建設産業市民化の新展開」と題したシンポジウムが開催されたので参加してきました。

100_20100716__2

建設業の異業種参入を含め、建設業にとって多くの試練が強いられている昨今ですが、考え方によっては本当に新しいビジネスチャンスにチャレンジする時がやって来たと捉えることもできます。

120_20100716_

シンポジウムでは、建設業の新分野進出する関する事例報告がありました。

私もお手伝いさせていただいている空知建設業協会の「空知フード&ワインロード計画」に関する発表も行われました。

そしてその後がパネルディススカッションが行われました。

150_20100716_

その中でパネリストのお一人で慶応義塾大学、金谷年展教授の言われた言葉に大いに共感しました。

「感動消費」

お客様がわざわざその地を訪れお金を消費していただくにはその商材に対しお客様が「感動」していただける物でなくてはならいないという事です。

つまり「地域のブランド化」とは感動商品の発掘に他なりません。

この点から考えると今まで自分が関わってきた商品コンセプトにこの「感動」があったかを改めて考えさせられました。

既成概念に囚われずこうした場で多くの方の考え方に接すると、明るい未来が見えて来る感じがします。

私も今回のシンポジウムで今後の事業展開に大いなるヒントをいただきました。

 

|

« 巣鴨でミニミニ建ブロ会 | トップページ | 2010建設ブロガーの会in北海道 »

建設業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453266/35780904

この記事へのトラックバック一覧です: 建設産業市民化の新展開:

« 巣鴨でミニミニ建ブロ会 | トップページ | 2010建設ブロガーの会in北海道 »