2009年5月25日 (月)

やはり「生」に限る

北海道は新緑のシーズンを迎えようとしています。

そして海産物では前浜物の「生ウニ」が解禁となり店頭に並ぶようになりました。

この時期以外は外国産の蒸しウニ等が多く味が今ひとつですが、これから数ヶ月間は地物の「生ウニ」を楽しむ事ができます。

ご承知かと思いますが「ウニ」と言えば板状の上にのっている物を想像される方も多いかと思います、ウニは大変柔らかく殻から取り出すと形がくずれてしまうので明礬を添加し固めてあります。


しかし「旬」のウニを美味しくいただくには海の中の条件と同じ状態で販売している物がおすすめです。

「塩水ウニ」もしく「海水ウニ」の名称で店頭に並んでいます。

100_20090523_
通常赤ウニは「バフンフニ」で白ウニは「ムサキウニ」です。
写真にあるように「赤ウニ」が高い価格になっています。

また浜では赤ウニは「ガンゼ」もしは「ガゼ」、白ウニは「ノナ」と呼ばれています。



日頃お疲れの皆さん。

北海道の旬を食べ活力を見いだされてみてはいかがでしょうか。

●道外にお住まいの皆さんへ。
どうぞ北海道へお越しいただき旬のウニを是非ご堪能下さい。


※あっ、それと今週岡山方面へ行かれる私の知人がいますがそちら方面の方はその方にお願いすると良いでしょう。(爆)

それでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

ランブルストリップス

電子納品支援をさせていただいていると種々な工法や地域特性に関した写真を見る事があります。

実際その実物を何度も見た経験があっても、一般の方にとっては実際の施工方法やコストを改めて考える機会が少ないのが現実かもしれません。


「ランブルストリップス」
、と聞いてそれが何であるかおわかりになった方は北海道において道路舗装関連のお仕事をされている方ではないでしょうか。

900_
北海道の道路を走っていると中央線部分にこのように連続して凹型に溝が掘られている場所を見かけることがあります。

この溝こそが「ランブルストリップス」と呼ばれるものです。


この溝の上を走行すると「ゴロゴロ」とした音と共にハンドルにその振動が伝わり、運転者に対し走行車線から対向車線へ逸脱しようとしている事を伝えます。

道路中央部に凹型の窪みを一定間隔で設置します。

溝の深さは12mmと規定されています。


実際、走行するとどんな様子かは下記動画をごらん下さい。



通常このような2車線対面通行の場合、正面衝突防止策としてセンターポールやチャッターバー(道路鋲)が設置されます。

しかしこれらセンターポール及びチャッターバー(道路鋲)は冬期積雪期間の除雪障害となるため一時的に取り外す作業が必要なため北海道内では道外の道路に比べ普及していませんでした。

従って以前よりこれらセンターポール及びチャッターバー(道路鋲)に代わる安全施設の研究が実施されて来ました。

その中心的研究機関が札幌市にある「独立行政法人 土木研究所 寒地土木研究所(旧北海道開発局土木研究所)」です。

「ランブルストリップス」の起源は、1955年に米国・ニュージャージー州に“singing shoulders”という名前で設置され、波状の凹凸を橋梁の路肩のコンクリート舗装に設置したもので、車両の路外逸脱防止が目的でした。

寒地土木研究所ではこれを正面衝突防止策に活用できないかと研究を開始し今日の成果に至っています。

寒地土木研究所HP内資料によると、H14年度実績で見ると
「ランブルストリップス」のコスト的は、直接工事費で約1500円/mでチャッターバーの1/3、センターポールの1/2以下となっています。


●ランブルストリップス ※寒地土木研究所
http://www2.ceri.go.jp/rumble/index.html


「ランブルストリップス」はNETIS(新技術情報提供システム)にも登録されています。
http://www.netis.mlit.go.jp/RenewNetis/Search/Nt/NtDetail5.asp?REG_NO=HK-030032&TabType=2&nt=nt

また現在特許出願中です。


これは北海道の公的研究機関で共同研究の結果誕生した大変素晴らしい工法・技術なのですが、実際関わっていたのが道外企業であったことは、北海道人の私としては少々残念な気がしています。

北海道企業も大いに頑張りましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

ランブルストリップス

昨日、今月25日に竣工検査を迎える現場へ打ち合わせに行ってきました。

現場迄は片道約3時間程かかります。
お陰様で今年は雪も少なく、昨日は天候の大きな乱れもなく往復順調なドライブとなりました。

ここ数年北海道も地球温暖化の影響なのか降雪量が少なくなっている感じがします。
しかし、突如大荒れの天気となり短時間多量の降雪による遭難事故も発生しています。
北海道で冬期間運転する場合はそれなりの準備をして走行する自己防衛の必要もあります。
(決して笑い話ではありません!)




さて話は変わりますが次の写真にある道路の工夫をご存じでしょうか。
北海道にお住まいの方には常識かも知れませんね。
11_520081218_
はみ出し禁止の黄色線上に何か施されています。

これは

ランブルストリップス

と言われるものです。

中心線上に一定の間隔で小さな凹凸が付けられています。
この凹凸上を走行すると「ブ-ン!」という「唸り音」がし、運転者はその音を聞きハッ!とします。
私も何度かその音にハッとさせられた経験を持っています。

先日NHKテレビで北海道発の技術として紹介していました。

北海道は本州に比べ都市間距離が2倍と長く対面する2車線道路が多く、しかもし走行速度が高くなっています。
その結果センターラインをはみ出し対向車と正面衝突する事故が多く発生しています。
このような事故の多くは死亡事故に直結しています。

このような事もあり北海道は平成4年から平成16年にかけ13年連続して交通事故死者数全国一という不名誉な記録を続けてきました。

そこで(独)寒地土木研究所と民間の道路関連会社2社が共同で新しい防止策を考案しました。(現在特許出願中)

本州であれば道路鋲やセンターポールを設置してる場合を多く見かけますが、北海道ではそのような施設は冬期間除雪の妨げとなるため設置が控えられてきました。

しかしこのランブルストリップスは除雪時の障害もなく設置(施工)コストも低いため現在北海道内でかなり普及し対面衝突事故の大幅な減少効果を生み出しています。

その結果、平成17年から交通事故死者数全国一という汚名を返上する結果となりました。

今年も昨年以上に交通事故者数が減少しており全国ワーストワンを免れる事がほぼ確実となっています。

このような簡易で低コストによる交通事故防止策が考案されることは社会的意義は大変大きいと思います。

ただ少々残念に思えたのは、北海道にある公共研究機関と共同研究したのが本州に籍を置く会社であった事です。

できれば北海道に籍を置く企業にも是非頑張っていただき、有用な技術開発がされる事を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

冬の北海道限定

以前はあまり気にしていなかったのですが、最近北海道土産を売る店で北海道限定の文字を多く見かけるようになった気がします。

北海道を訪れた方がお帰りの際にお求めになるのでしょうか、それとも地元北海道人が本州へ行く際のお土産に持参するのが多いのでしょうか。

いや、その両方かも知れません。



北海道限定品に関しては私の身近にその道のエキスパートであるこの方がいらっしゃいますのでここでは多く語らない事にします。




さて昨日家族で札幌中心部まで買い物と食事に出かけました。

JR札幌駅近くの大手デパートに立ち寄った帰り、駅構内を歩いていて一軒のキヨスクが気になり覗いてみました。

01_jrkiosk071208_

なんと、小さなお店の片隅に北海道限定の品々が置いてありました。




02_jrkiosk071208_

北海道限定品の波は北海道の津々浦々まで広がりつつあるようです。

以前、あのがブログで紹介されていた商品が並んでいます。




03_jrkiosk071208_

こちらは定番の大箱プリッツです。




04_jrkiosk071208_

こちらはハイチュウです。






06_jrkiosk071208_2

そしてその種類からいって多いのが北海道限定キャラメルです。

お酒好きの方には「札幌ビールキャラメル」「北の誉キャラメル」がいいのではないでしょうか。

でも私はまだ食べた事がありせん。(笑)

さらに「ソフトクリームキャラメル」の文字が・・・



05_jrkiosk071208_

でも北海道限定記事を書いていて感じているのは、私の体重増加傾向にある事です。

前述のあの方もどうもその傾向にあるようです。




地域限定ものの記事を書く方は

「体重に注意!」

が必要です。(笑)






そんな観点から北海道限定は食べ物ではなく綺麗な景色が一番です。

現在「さっぽろホワイトイルミネーション」が開催されています。

これを眺めている分には体重は増加しません。



10_071208_4_2

11_071208_4


札幌市の木であるライラック(左)と花であるすずらん(右)です。



50_071208_1


綺麗なイルミネーションの中、幻想的なエレクトーン演奏があります。

※演奏者の方もとても綺麗でした・・・・




55_071208_


とてもロマンティックなクリスマスツリーです。

電飾の下、サンタさんを含め雪の精たちが集っています。




60_071208_



この時期の札幌地域限定品はやはり

「ホワイトイルミネーション」

に尽きます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

J1昇格

ついに最終最後で決まりました。




祝 コンサドーレ札幌 J1昇格!




そしてJ2優勝おめでとうございます。

今日の良き日を予期し、この銘菓を用意し待っていました。



01_071130_


互いの復帰を願っていたかのように小さな花が添えられていました。



10_071130_


懐かしのパッケージが戻ってきました。




20_071130_


やっぱり北海道を代表する銘菓です。




30_071130_


31_071130_


皆さんご注目の1個ごとに賞味期限が印字されています。




40_071130_




白い恋人復帰・・・・・


この味を待っていました。




そしてコンサドーレのJ1復帰・・・


道民はこの日を待っていました



やはりコンサドーレユニフォームにはこの文字が一番似合っています!




来年J1での活躍を今から願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)